TOP > 初めての方向けご利用詳細 > ダイビングスタイル

ダイビングボート

平丸(たいらまる)

ダイビング専用 和船タイプ45フィート

エントリー方法は「バックロールエントリー」です。



船内設備

4〜5名様が入ることのできる「船室が2カ所」(ドライエリアとウェットエリア)、
トイレ、温水シャワーのご用意がございます。
船内にて更衣は可能ですが、集合の時点で水着の着用をオススメいたします。
集合場所の港は公共の土地であるため、当店専用の施設等はございません。
「自船」と「自車」に搭載できる範囲のご用意となります。
土地柄を含めたご理解をお願いいたします。
ご到着後のトイレは、必ず船内のトイレをご利用くださいませ





クリックすると拡大します。

ダイビング方法

船へ戻ってくるダイビングです。

その日の海況を考慮し当日ご参加の皆様が安全に楽しんでいただけるポイントに停泊してダイビングを行っております。
冠島は「ダイビング船」よりも「釣り船」「漁船」そして「個人のプレジャーボート」が多く、潮流も複雑なため、安全上ドリフトダイビングを行っておりません。

※ダイビング未経験者向け「体験ダイビング」は実施しておりません。ご了承ください。

”ワイド”に楽しめる!

基本的に透明度の良いことがほとんどです。
どちらかと言えば、ワイドな視線で膨大に群れる魚影や地形をお楽しみいただけます。


種類こそ少なめの日本海ですが、驚くべきはその数!
左の画像に映っているのはすべて「イサキ」!
運がよければ、ハマチの大群に遭遇することも???

地形がダイナミック!!

島周辺の岩は火山系の岩で出来ており、切り立ったダイナミックな地形が広がっています。
一部には、弥生時代に創られた??と言われる人工物のようなものも存在しますが、自然が演出する絶景でしょう??

素晴らしい景色と大自然!!!

冠島が素晴らしいのは水中だけではありません。陸から遠く離れているため、街の喧騒は聞こえず、風や鳥、虫の声しか聞こえません。切り立った岩や島、船から見下ろす水中も最高。
陸の景観も最高です。

「冠島Today」日々のダイブログを日記形式で綴っています。

過去ログも是非ご覧ください。

HOME > 初めての方向けご利用詳細 > ダイビングスタイル

ご予約について

ご予約方法は?
お電話 「0773-77-2755」 またはIP電話: 050-7107-4553
IP電話050はeo光ネットを利用しています。
こちらへのお電話は、系列の050同士なら無料、京都府以外から携帯電話でお掛けの方は、通話料金がお得です。
お電話か、 ご予約フォーム または メール にてお問い合わせください。
営業期間中は当サイトにて予約状況を掲載しています。  予約状況の詳しくは
1日の定員について
1日のゲストには、定員がございます。(状況に応じて10〜15名様)
予約状況をご参考 の上、詳しくはお問い合わせくださいませ。
ご宿泊について
舞鶴市内の宿泊施設は、ビジネスホテルがほとんどです。
出航の判断が、前日夕方まで未定の場合がございます。
各宿泊施設によって、キャンセル料のシステムが異なりるため、各宿泊施設にご確認下さいませ。

ご注意とお願い

出航の判断
冠島は、舞鶴西港から船で約1時間走った沖合いに位置しているため、海況にも左右されやすく、出航の判断には、細心の注意をしております。
基本的に、 ご予約日の前日の夕方(17時か19時過ぎ)、当サイトの 出航予定 のページに掲載するとともに、
皆様にお電話にて確認とご連絡をさせていただいております。
前日の夕方まで冠島へ出航できるか、未定の場合がございます。ご了承下さいませ。
ご宿泊を予定されているのお客様にはご迷惑お掛けいたしますが、各宿によってキャンセル料のシステムが異なります。事前にご確認くださいませ。
キャンセルについて
船1隻で、1日1航海を、スタッフ2名で、運営しておりますので、ご予約いただける人数に限りがございます。
ご予約後、 お客様の都合でキャンセルされる場合は、キャンセル料をいただく場合がございます。
ご予約をご変更される場合、特に週末や祝日、お盆などの休日は、お早めにご連絡下さいませ。ご理解のほどを、宜しくお願いいたします。
※海況不順等による、中止または、ご相談した場合は、この限りではありません。
器材洗いについて
帰港後、カメラ・レギュレーターの潮抜きができる程度に、桶に真水をご用意しておりますが、 当店では、現場で『器材洗い』を済まされることをオススメしておりません。
ご自宅で、念入りに水洗われることをオススメしております。
器材のご購入。メンテナンスはご相談下さいませ。
ご精算について
現金にてご精算いただいております。
クレジットカードの取り扱いまでは出来ておりませんので、ご了承下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


ご不明な点がございましたら、お電話またはメールにてお問い合わせくださいませ。
長くなりましたが、以上ご検討いただければ幸いです。