TOP > 初めての方向けご利用詳細 > 冠島ダイブサイト

宮前

水深:-8m以上

20140808_02p.JPG

穏やかな時が多い。ゴロタ石と、砂地のポイント。
魚影も濃く生物の数はNo.1。季節により様々な楽しみのあるところです。
特に、秋には視界をさえぎるほど膨大な数のカマスの群れには
圧倒されます。回遊魚遭遇率は№1。個人的には、イチ押しポイント。

立神グリ

水深:-3m以上

2011_10.JPG

-40mから-5mまで刃物のようにV字に切り立った根は、
「遺跡を思わせる地形」で、ダイナミックな景観が広がっている。
根には、多くの割れ目があり、イシダイやグレ・メバルなどが
ひそみ、中層のアジ・イサキ・スズメダイの群れを追い、
大型回遊魚も回ってくる。

トドグリ

水深:-4m以上

130913_07.JPG

小島の南に位置し、冠島エリア最大の隠れ根。魚影も濃く、生物も多い。
組み合わさった大きな岩アーチがや、人工構造物かと思わせる階段状の岩もあり、地形も楽しめる。

小島東

水深:-5m以上

130726_06.JPG

小島周辺は50m以上のドン深になっており、沖に目をやると、
回遊魚にも遭遇する確率あり。
半洞窟形が面白い。
流れも少いことが多く、洞窟から見る蒼い海は癒し系。

大グリ

水深:-7m以上

20140921_08p.JPG

水深50m以上からそびえたつ大きく複雑な根に付く魚影、
ヒラマサやハマチなどの回遊魚の遭遇率も高く
豪快なドロップオフなど、ダイナミックなポイント
流れが速いことが多く、潜れる日も少ない

ナガシタグリ

水深:-4m以上

130822_08.JPG

南北に伸びた大きな隠れ根がメインのポイント。
20mほどのドロップオフ、海底はゴロタ石と砂地。
岩肌の空のフジツボを丹念に探すとコケギンポ類も多い。
中層を泳ぐ、膨大なスズメダイの群れは一見の価値あり。
回遊魚も回ってくる。

冠島東

水深:-8m以上

130720_03.JPG

穏やかな時が多い。島の海岸線と平行に出来たゴロタ石のスロープ沿い
を潜ります。春~夏はマアジの大群。秋には年によって、膨大なカマスの群れが出現するポイント。海底20mのガレ場にはジョーフィッシュも見られる。

チョウベイグリ

水深:-7m以上

choubei.jpg

小島と中津神の間に位置する。水深50mからそびえたつ隠れ根。
大型回遊魚も回ってくる。ドロップオフに集まる魚影は絶景。

その他多数

水深:-4m~-30m

130714_07.JPG

小島南、ホウキバ、冠島南、ノコギリ、中津神グリ、天秤グリ、鳥居前、ツリガネ、瀬先・・・などなど
その日の状況と条件を考慮し、お越しいただいた皆様が安全に楽しめるポイントへご案内しています。